展望社 Web Tembo
ホーム 会社案内既刊案内 著者別 既刊案内 書籍順
展望社ホーム > 既刊案内 > 旭とルリ子 二人がいるから日活だった―今も 今でも これからも―
既刊案内
旭とルリ子 二人がいるから日活だった―今も 今でも これからも―
中平まみ 著
B6判 220P
2019年12月21日 発行
ISBN978-4-88546-370-9
定価 1,400円(税抜き)
注文数: 
 
旭とルリ子 二人がいるから日活だった―今も 今でも これからも―
 
目次
第1章 なぜ今、旭とルリ子なのか
第2章 日活の黄金時代、あれこれ
第3章 日本映画を葬ろうとするのは誰?
第4章 銀幕の中に生きる“永遠の恋人”
内容紹介

日本映画は、あの輝きを再び取り戻せるのか。

日活黄金時代を支えた映画監督中平康の娘・中平まみが混迷停滞する日本映画界に贈る渾身のエッセイ。

“映画の子”が万人に語る遺言。

 

(c) 展望社   お問い合わせ   個人情報保護方針   特定商取引法に基づく表記