展望社 Web Tembo
ホーム 会社案内既刊案内 著者別 既刊案内 書籍順
展望社ホーム > 既刊案内 > 昭和の流行歌物語―佐藤千夜子から笠置シズ子、美空ひばりへ
既刊案内
昭和の流行歌物語―佐藤千夜子から笠置シズ子、美空ひばりへ
塩澤実信 著
B6判 348P
2011年7月15日 発行
ISBN978-4-88546-231-3
定価 1,900円(税抜き)
注文数: 
 
昭和の流行歌物語―佐藤千夜子から笠置シズ子、美空ひばりへ
 
目次
第一章 昭和は佐藤千夜子で始まった(大正末年~昭和十一年)
 ラジオとレコードが流行歌を変える
 西条八十・中山晋平のコンビ誕生 …… ほか
第二章 戦時下にも歌は流れた(昭和十二年~二十年)
 日中戦争の戦火広がる
 淡谷のり子、ついにブルースを歌う …… ほか
第三章 焼け跡によみがえった歌声(昭和二十年~三十年)
 “赤いリンゴに唇寄せて……”
 人気を独占した流行歌“三人男” …… ほか
第四章 歌は時代に寄り添いながら……(昭和三十年~四十五年)
 「もはや“戦後”ではない」時代の到来
 “低音ブーム”と美空ひばり塩酸事件 …… ほか
第五章 歌い継がれていく昭和の名曲(昭和四十六年~昭和の終焉まで)
 七〇年代歌謡界を席巻した阿久悠
 モンスターを生み出した背景 …… ほか
内容紹介
過ぎし昭和が歌謡曲に乗って甦る!―もうひとつの昭和文化史。
 

(c) 展望社   お問い合わせ   個人情報保護方針   特定商取引法に基づく表記